ガリレオ福山コウ柴咲マッド久米の三つ巴

 給与明細も、今日は特に暗いというか、つまらんね。

 明日の弾みにならへんな。

 SPも金曜日で終わっちゃった。

 リバプールクリーニング、スピンオフしないかな。

 次は、引越しのクイーンとかいって、フレディとか。

 モップガール、最終回だからもっとハジけても良かったのに。

 北川景子と谷原章介もいいコンビだったよ。

 谷原が外国女とイチャつく現場を最後に持ってくるとかさ、それをセットしたのが死後の北川とか。

 ガリレオの最終回、北村一輝を最大にフィーチャーしてくれると盛り上がるよなあ。

 瀕死の福山雅治、探偵ガリレオを命懸けで救出、そして北村一輝の草薙刑事が殉職なんてね。

 それを最後まで知らせようとしない、品川祐。

 真矢みき、堪え切れず真実を知らせるため柴咲コウを検視室まで無言で連れていく。

 ああ、勝手に最期の場面まで空想しちゃうな。

 渡辺いっけい、意外にも柴咲に優しく声をかける。

 大きな瞳から零れる涙。

 柴咲コウの芝居のまとめ方には、興味がある。
 彼女は、自覚的だから。

 プロとしての「熱」を出し切ると思う。


 思えば9月から、もう12月。

 第1話「燃える」からテイストが微妙に変化して、第4話「壊死る」から安定してきた。
 いや、違う。

 第2話「離脱る」の味わいが秀逸で、第5話「絞殺る」第6話「夢想る」第7話「予知る」と印象が薄い。

 第8話「霊視る」のアレンジは意外だったけれど。

 ま、勝手な感想ですけどね。

 虻川美穂子、本格的にドラマ進出したらいいのに。

 それで。
 最終話。

 本上まなみ、久米宏の「犯罪」に関わる「裏」の顔を見せて欲しいな。

 原爆をモチーフにした映像作品というと、「太陽を盗んだ男」(長谷川和彦監督1979年)。

 「青春の殺人者」(長谷川和彦監督1976年)は、血の流れもウソくさくてツマらなかったけど。

 「太陽を盗んだ男」、他の邦画が霞むくらいの傑作。
 沢田研二の虚実織り交ざった演技が秀逸。
 ポップでシリアス。

 久米宏、どう出るのだろう。


 沢田研二といえば、「ときめきに死す」(森田芳光脚本・監督1884年)も面白かった。

 樋口可南子の「謎の女性」ぶりも瞼に浮かぶよなあ。

 ちょっとチープな女子大を出たコンパニオンって、設定でさ。

 今のソフトバンクのCMで上戸彩のお母さんとは、全く違う。

 思えば「CASSHERN」(紀里谷和明監督2004年)。
 そして「明日の記憶」(荻原浩原作・堤幸彦監督2006年)。

 着実に成長を遂げる女優なのだなあ、樋口可南子。
 ワン。

 明日の月曜。
 本当は今日だけど。

 遅いから、寝る。
 まだ、眠くはないが。

 「爆ぜる」は昨日も読んだから。
 「転写る」を思い出すために、読む。

 犯人、誰だっけな。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。