ガリレオはリング松嶋菜々子をマネない

 ガリレオが失敗するとしたらね。

 リング映画版の二の舞と、後々言われるよ。

 俺、コレが言いたくてサイト始めたようなものだもんな。

 松嶋菜々子が元凶なのだな。
 いや彼女は嫌いじゃないし恨みなどないよ。
 言葉が悪ければ謝る。

 リングテレビ版(金曜ドラマスペシャル1995年8月11日フジテレビ)。
 この出来が素晴らし過ぎたことが、遠因にあるのかもしれないな。

 スタッフからみれば、映画をドラマの焼き回しにすることだけは絶対に避ける。

 それは当然だが、設定いじるところを間違えた。

 松嶋を主役に据えることでテーマ(「母性」)を際立たせようとしたのが敗因。

 中途半端な「母親演技」が空回りして、何もかもがボケてしまった。

 中田秀夫監督も頭かかえちゃったろうな。

 松嶋が全くお荷物だったに違いない。

 やるときはやる監督が、恥ずかしい思いをしたろう。

 設定と主役がマズければ、いくらなんでもムリだよ。

 本当の戦犯は松嶋を企画に捻じ込んだ奴らだろうけどな。
 本人は悪くないと俺も思う。


 ガリレオドラマスタッフが内海薫とやらを捏造した。
 それを知った時、だから俺ショックだったさ。

 続編からそのキャラを登場させたのは、原作者東野圭吾の度量。

 そんな作者の才能に俺は敬服するしかない。
 東野ほどのミステリー作家だ。
 バカな拘りなどなく、それくらいノリでやれるんだよ。

 リングの作者鈴木光司は堂々と家事もやるナイスガイだ。

 真面目な勉強家でもある。

 そんな作家にたいして言うのも失礼だけど。
 リング以上の作品を彼は残していないと俺は思う。

 リング2(中谷美紀主演)の興行収入は、前作を上回った。
 それは映画としてのリング(松嶋主演)の不出来の証左にすぎない。

 可哀想に、リング映画版が残したのは例の貞子シーンだけ。
 真田広之なんてクレジット確かめて思い出したよ。

 原作に沿ったドラマ版の貞子は、目に焼きつくような若く豊満な裸体なんだよ。

 三浦綺音が演じた。

 美しい幽体がドラマの正解だった。


 探偵ガリレオは上質のミステリーだよ。

 構成に隙が少ない。

 買被るつもりはないけれど、映画リングが柴咲コウなら違っていたと思う。

 有得ない話だろうけどね。

 単なるホラーならイヤだけど壮大なテーマを含む作品だから。
 とか囁かれてオファーを受けたのなら、松嶋サイドの頭が悪かったということ。

 柴咲コウとは器が違うんだ。
 柴咲はいつも、突き進むだけでいい。

 東野圭吾もそれを認めているのじゃないかな。

 だから俺、今は心配してないよ。
 記事を書くのも、気楽なもんだ。

 でもね。
 単発と連続とは違う。

 息切れしないでくれと、願う。

 福山雅治だから、それも杞憂か。

 尻上りの面白さ。

 でもフタを開ければ、第1話から飛ばしてくるのだろうな。

 唐沢寿明が黙っていないから、きっと。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。