探偵ガリレオの容疑者Xは模倣犯か否か

 ガリレオ迫ってきたな。

 何度も言うけど、1話完結物は正解だよ。

 2話目で解決されても、それなら2話目だけ見ればいいじゃんてハナシ。

 連続物、これは難しい。

 毎回完結するドラマが必要だ、プラスして連綿と底流にながれるドラマが加われば最高だろうな。

 ガリレオが底流ドラマを設定出来るとすれば、黒幕でも謎の組織でも(アンフェアみたいな)ない。

 柴咲コウと福山雅治との関係だろう、それしかない。

 北村一輝、彼は異能俳優だからカラミの意外性が期待出来る。

 でも軸は、柴咲と福山であることに変わりない。


 今日、9時からプレデター(日本テレビ)観ようと思ってたら、踊る大捜査線やるじゃないの。

 踊る!大警察24時、なんて警察密着モノやるから却って見えなかったよ。

 プレデター(1987年)古い映画だけど、異生物の存在にドキドキした覚えがある。

 でも、小泉今日子の歯列矯正変質犯が懐かしくて、踊る大捜査線を俺は観る(そろそろだ)。

 北村総一郎と北村一輝を混同してた頃もあったんだ。

 織田裕二も俺、悪く言ってきたから確かめてみよう。

 ドラマ、どれにしても難しいよな。

 太田総理秘書田中、今終わるところだけど。
 太田の青筋立てたトークのほうが、凡百のドラマより確実に面白いもの。

 太田光の総理がモノホンの石破防衛相に激しく言葉をブツけるんだものなあ。

 お笑いの実力を反映している。


 東野圭吾の探偵ガリレオ、例に違わず面白いよ。
 本嫌いの俺でさえ読めたから。

 容疑者Xの献身、の方が苦労した(長いから当り前か)。

 冒頭の伏線には全く気付かなかった。

 フジテレビ月9ガリレオがヒットすれば、容疑者Xの献身までドラマ化されるのは当り前。

 そうなったら、連続モノにせざるを得ない。

 印象だが、俺からすると容疑者Xより、宮部みゆきの模倣犯が楽しめたんだな。

 週刊ポスト連載時、欠かさず読んだものだ。
 単行本なら絶対ムリ。

 何だよ、番組冒頭で織田裕二の挨拶かよ。

 香取慎吾みたいなデカい口、見たくねえな。

 そう言えば、やっと最近旭化成の福山雅治いや湯川学CMにお目にかかることが出来た。

 ひとつ屋根の下、チイ兄ちゃんって声掛けそうになったぜ。

 変わらないなあ、福山さん。

 でも、柴咲ちゃんとの演技期待してるから、退屈させないでよ。

 あ、織田裕二の膨れツラ、みのもんたに似てるなあ(これ、失礼?)。

 あと、水野美紀もいいかも。

 や、ホントにいいよ。

 水野美紀、おかっぱ。
 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。