ガリレオ福山&柴咲オーラの泉と踊る柳葉

 ガリレオ月9まで、あと3日弱。

 福山雅治ガリレオ探偵の「じつに論理的だ」を聞きたいな。

 柴咲コウの「なんでこうなるんですか}。
 品川祐「そうカッカすんなよ」。

 真矢みき「ちょっと、これ見て」。

 渡辺いっけい、長セリフ。

 北村一輝、何を言ってもサマになる。

 オーラの泉、俺のチャンネルが合っているんだ今。

 小雪がゲスト。

 アク強くて、全然好きなタイプじゃないけれど。

 話す内容をつい聞いてしまうよなあ。

 アク強いの、顔とスタイルだけかもしれんな。

 正直だよ、彼女。
 「女優」業に対して、満ち足りないものを感じているのだそうだ。

 当り前だろ。

 プロの女優って自分を表現するものじゃない。
 自分を器にすることに徹する。

 何を盛ることになるのか。
 自分で決めることではない。
 どう盛るかだけを考える。

 それがプロなのだから、ある意味で自我が強いと務まらない。


 美輪明宏先生、感謝が足りないと仰る。

 スピリチャルに言えばそうなるのかな。

 とりあえずだな。
 俺としては、心中をありのまま吐露する小雪の誠実さを買う。

 「満ち足りない」なんて。
 女優を目指し百万滴の汗をかいてる人たちが聞いたら激怒すること、よく言えた。

 勘違いして生意気なだけなんだけど。
 何故か惹かれるものがあったな。
 ウソのなさ。

 で、容疑者室井慎次が始まった。

 真矢みき、登場か。
 もう、柳葉拘留されてる。

 哀川翔かよ。

 交渉人真下正義の地下鉄試作車乗っ取り犯の真相究明と関係ないのかあ。

 小粒になった感、否めんな。


 でも画面の色合いだけ、参考になるぞ。
 ガリレオの。

 何故か、佐野史郎出ているしな。

 画面の汚い黄色トーンとヘタなナレーション(誰だよ)、シンクロするのかよ。

 ガリレオ第2話、離脱る。
 原作本「探偵ガリレオ」じゃ第6話つまり最終話だよ。

 虻川美穂子の小汚さを活かさないなら失敗作だろう。

 哀川翔の安いキンキン声。

 寺島進の何だコノやろう、の方が俺好きだけど。

 あ、ヘタクソナレーション田中麗奈かあ。

 しかしコノ映画、黄色いやセピアを狙ってるのかな。

 錆びたパンタグラフの早稲田行き都電車両、このテイストだよ。

 唐沢寿明の作業着、あの汚れて綻びのある襟をどうか無駄にしないでくれ。

 北村一輝の汚れ役で始めても、いいぞ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。