探偵ガリレオ犯人唐沢寿明の真相と解明

 ガリレオ第4話、香取慎吾がゲストかよ。

 弱ったな。
 あまり口のデカく開いた芝居、観たくないんだが。

 SMAPのレベル、決して低くはない(歌唱よりよほどマシ)。

 稲垣吾郎の踊る大捜査線(歳末特別警戒ドラマスペシャル)、白眉だったな、あのサイコ犯野郎の造形。

 草gなら黄泉がえり(2003年)の竹内結子との芝居。

 木村拓哉は進歩がないから、参考にならないが。

 香取、よく勉強しないとな。

 第1話ゲスト唐沢寿明の失礼にならないように鍛えておけ。


 第1話、福田靖の脚本。

 工員である金森(唐沢寿明)の犯人像が、東野圭吾原作のものと異なっていることに気付いているか。

 原作では、目の不自由な近親者(妹)へ自ら吹き込む朗読テープを送る優しい青年だ。

 だから、犯行に殺意はなかった。

 しかしテレビドラマでの犯人像は、違う。

 ボランティアの朗読を邪魔されることが心底赦せず、入念な準備で殺意を具現するサイコだ。

 およそ身勝手な殺人鬼なんだよ。

 その犯行動機と背景を描き切れなかったところが、第1話の瑕疵と言える。

 第2話以降、犯行と犯人をいかに意味づけ盛上げて福山雅治と柴咲コウに拮抗させるか。
 そこにガリレオのドラマとしての命運がかかっている。

 大掛かりな実験場をもってきたところなど、柴咲コウと福山ガリレオの関係性を活かす好設定。

 その金と工夫を唐沢寿明のキャラクター造形にも注ぐべきだった。


 バラエティ見てると、中居正広の方がまだマシだと思えてしまう。

 中山秀征みたいなさ。

 彼の「東京ラブストーリー」には、見るべきものがある。

 リアリティーだ。

 つまらない犯人が犯行を犯しました、みたいな結果だけは御免だな。

 古畑任三郎での古畑任三郎じゃないんだから。

 フジテレビ世にも奇妙な物語の案内役タモリが来ちまうぞ。

 俺は今、ガリレオ第1話について勝手な不満はあっても製作サイドよく頑張ったと思っている。

 原作を忠実になぞるようでいて、ドラマらしく大胆に改造してもいるものな。

 その意味で、柴咲コウの投入がカギだったが成功している。

 だが、勝負は第2話「離脱る」以降だろう。

 犯行と犯人の解釈、毎話異なることになるからな。

 だから、頭の悪い芝居は困るのさ。



この記事へのコメント
95年の沙粧妙子最後の事件というドラマ知らないですか?稲垣、草なぎのレベルではないですよ。
Posted by 78k at 2007年10月21日 08:47
いったい何様なんだ?この人‥
Posted by ガリレオ at 2007年10月21日 09:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。