ガリレオ第2話小市慢太郎の幽体離脱

 前回香取慎吾の演技について私見を述べましたが、沙粧妙子ー最後の事件ー(1995年フジテレビ)の香取慎吾を見るべきだとの御指摘を頂きました。貴重な御教示に感謝するとともに、当方の浅学を恥じる次第です(沙粧妙子、チェックします)。

 また、「お前一体何様だよ」のノリで好き放題書いてますので不愉快に感じる方も多くいらっしゃるかと思いますが、どうかお許しを。

 生意気ですが、勉強させていただきます。

 で、ガリレオ第2話「離脱る」。

 カギを握るのは保険外交員栗田の石井正則でなくて、幽体離脱を見たという少年。

 その少年の父親フリーライター上村の小市慢太郎という気がしてきたな。

 フジテレビガリレオオフィシャルサイトで見る小市、まるで大槻教授じゃないの。

 ガリバーのCMから戻ったところかよ。

 でも小市の役回り、大槻教授と逆で幽体離脱現象を素直に認めるようアピールする。


 東野圭吾の原作探偵ガリレオ、科学的な「謎解き」が興味の中心だろうよ。

 原作本どの章にある事件を見ても、犯人たちやその犯行に至る動機の詳細は事務的に描かれるだけだ。

 つまりドラマは、ガリレオがいかに犯行手段を科学で証明するかその過程の描き方にこそある。

 そこで、犯行手段なのだけど。

 犯行手段が科学的説明を要しない、つまりトリックでも何でもない章が2つ(全5編の中で)ある。

 それが、今回第2話の「離脱る」と原作では第2章「転写る」だ。

 第2話の科学的トリック、まさに幽体離脱現象を如何に解明するかであって犯行手段では、ないんだな。

 だから小市慢太郎と息子そして虻川美穂子の腕のみせどころ、が期待出来るというわけ。


 苺の破片(2005年)素晴らしい、映画だったよ。

 ハゲタカ(NHK2007年)でヒロイン東洋テレビ記者の栗山千明の上司役でも出ていた。

 七変化のイイ味だ。

 ハゲタカ、俺は第1回の宇崎竜童&松田龍平から熱心に観たんだが、視聴率8.7%だったのね。

 平均視聴率だと、7%台。
 土曜日の9時台、どうなってたのかね。

 大森南朋、ガリレオゲストの噂ホントかよ。

 福山雅治と柴咲コウと北村一輝(代打品川祐)のトリオ捜査ドラマ。

 それと小市慢太郎と虻川美穂子の人情ドラマ。

 プラス、被害者と真犯人と石井正則の愛憎ドラマ。

 各ドラマが三位一体となり大ドラマをなす。

 世話物ガリレオドラマここに誕生、なんてことになりませんかね。
 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。