ドランク塚地の涙に深キョン動かず

 いやあ、安心しましたぜ。

 マジで心配したんだけど、今日のガリレオ第7話「予知る」。

 トリック地味だしさ、素人でも予測出来る、というか「味」も「華」もないんだな。

 そこで、ドランクドラゴン。

 いや、塚地だけだから、ドランク。

 塚地武雅、渡辺いっけいと酌み交わすところ、味だねえ。

 芸の味。

 塚地、走りすぎず、満点演技でいいんじゃないの。

 一方、渡辺いっけい。
 走っていて、ウマい。
 動きがあるのにハマる役者、貴重だねえ。

 だから逆に、深田恭子の人形みたいに不自然な硬い芝居も救われた(かな)。

 学芸会なんだけどね。


 柴咲コウ、本気で言うけど大女優の階段を登るかとすら思う。

 動きも表情も言葉も、いよいよ際立ってきた感じがする。

 人工的なドラマなのに、活きた人間を見ている気がした。

 いそうでいない、魅力が零れてくるような女性。

 福山雅治が若い彼女の滋味をさらに一層、無理なく紡ぎ出しているようだ。

 楽しいね。


 ドランク塚地が終局で深田を誘い出す切なさ。

 深田のドラマでのキャラというか芝居ぶり、賛否両論だろうな。

 あのヘタウマいや無機質な具合は、新感覚だともいえると思う。

 俺は前にも書いたけど、「Dolls」(北野武監督2002年)の深田が唯一好きだな。

 うーん。

 今晩、酒飲んで塚地といっけいの仲間に入りたいな。

 夢で。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。