天才ガリレオ福山、非科学トリックも暴く

 第8話「霊視る」の東野圭吾原作を紐解くとさ、色々分かる。

  @ 原作の物語設定では、被害者はクラブホステス、犯人は彼女に片思い(?)のスポーツライター。

  A 原作では殺人に関わるトリックに「科学的」要素が、ない。

  B 原作「霊視る」も前回「予知る」同様、「探偵ガリレオ」でなく続編「予知夢」の作品である。

 フジテレビ月9ドラマ「ガリレオ」、なぜか「予知夢」を先に持ってくるよなあ。

 なぜだろう(面白そうな話を後にもってきたいのかなあ、と勘ぐってしまう)。

 この「霊視る」、科学トリックや物理現象とは関係なく、犯行動機と経緯に妙味がある。

 つまり「天才ガリレオ」的ではない、ということ。

 福山雅治第13物理学教室での実験風景が見られないのか。

 ガリレオシリーズ第3集「容疑者Xの献身」ですら科学(物理じゃないけど)の要素があるのに。

 ガリレオドラマ映像としては、どうだろう。


 それだからだろうな、人物設定を全くかえてきた。

 何と言っても、女優を三人揃えてきた。

 そして、柴咲コウをどう絡ませるのか。

 しかも、釈由美子はメジャーだが、垢にまみれていない引田博子とたくませいこ。

 引田とたくまのシーンを大いに期待する。

 失われていた逸材発掘さる、というイメージなんだけどな引田博子さん。

 北村一輝に匹敵するくらいの「逸材度」を予感してるけど。

 正直、出番が少ないことを思うと無念。

 てなことを想いながら、23時テレビ朝日で「モップガール」を観ていたんだ。

 この頃、ちょっとハマってさ。

 北川景子。

 谷原章介との映りがいい。

 というか、北川景子を泥臭く見せる演出がいい。

 オープニング映像と楽曲を、スタイリッシュに録りながらさ。


 もう何年も昔の映画だけど。

 「CASSHERN(キャシャーン)」(紀里谷和明監督2004年)の映像を思い出す。

 凝られた映像美と暗く理解し難い脈絡の映画作品。

 宇多田ヒカル(主題歌)のプロモーションビデオと揶揄され酷評されたっけ。

 そんなテイストを感じさせるオープニングが、微妙に合うんだなドラマ主人公北川のトボケ具合と。

 そこがウマいよ。

 第2話「離脱る」食品会社工場長の蛭子能収さんが、今夜のモップガールじゃSM趣味の作家だぜ。

 俺あれにゃあ、感動して涙押さえながら蛭子さんのセリフ、噛まないかと耳をそばだてていた。

 意外とスラスラ言えてたから、二度感動したね。

 そこで「ガリレオ」だけど。

 料理教室の設定にしたのは、正解だと思う。

 女優陣、可憐に見えて強かな女性たちだよ。

 ところで、この第8話「霊視る」。

 犯人像がカギとなる。

 動機が犯行トリックと密接に関わる。

 そこまで、イジるのかな。

 そして犯人、どう性格づけするのかな。

 それが、楽しみだ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。