予知夢なき探偵ガリレオの残した12月

 昨日寝る前、東野圭吾「予知夢」をパラパラ捲って気付いた。

 来週月曜日の第8話「霊視る」をもって、「予知夢」全5章すべてが終わったことになる。

 予想してなかったよ。

 第1作品集「探偵ガリレオ」を残すとはね。

 「転写る」と「爆ぜる」、ちゃんとドラマ化してくれるだろうね。

 俺、密かに「オリジナル」編が1話入るんじゃないかって気もしているんだけどね。

 東野圭吾と脚本の福田靖がツルんでさ。

 最後の豪華ゲストとしてはさ。

 ビートたけし、と言いたいけど「点と線」くらいの予算がないとムリだろうからな。

 片岡鶴太郎なんかが、シブクないかい。

 俺マセてたから「鶴ちゃんのプッツン5」(日本テレビ1985年86年)なんて番組憶えてる。

 岡本かおり、どうしてるのかな。


 金曜日の夜は長かった。

 よせばいいのにテレビ朝日「朝までテレビ」観ちまったよ。

 検察がどうのこうの、ツマラないテーマだったけど。

 鈴木宗男に目がいっちまったのが、敗因でした。

 それに、田原総一郎が怒鳴りながら仕切るものでさ。

 俺も、ヤジ馬根性丸出しだね、恥ずかし。

 そんな時、福山雅治の涼しい表情が懐かしくなる。

 飄々として衰えない、渡辺いっけいも。

 逆小林捻持とでも、言おうか。

 朝までテレビといえば、長野智子がいたな。

 フリーのキャスターみたいだけど、その昔(プッツン5の頃)オールナイトフジに出ていたそうだ。

 オールナイトフジというのは、俺にとって伝説の番組で得体が知れない。

 当時、女子大生だった長野智子の他、向井亜紀なども常連だったらしい。

 涼しい(シタリ顔の)長野のトークは元々耳障りだが、女子大生の頃から変な売り方してたのかな。

 ま、いいけど。


 女子大生とかを「売り」にするのと対極にあるイメージが、柴咲コウにはあるんだな。

 勝手なことを言わせてもらうと、柴咲コウには女唐沢寿明という潔さを感じる。

 媚びない、ということだよ。

 女子大生だか局アナだとかの、真逆。

 福山雅治だって、優しい貌の下、馴合いを嫌う厳しさが見える。

 まあ、生き方それぞれでいいんだけどさ。

 でもテレビに顔を出すヒトなら、何言われても肥やしだろうと俺は信じる。

 で、特にさ。

 何かしら恵まれ庇護され過ぎて見える女子アナには、一言も二言も言いたくなるんだな。

 俺、ケツのアナ小さくてさ。

 ドラマガリレオがいいのは、どの役者も「苦労」のシワが見える気がするところかな。

 虻川美穂子の「シワ」は美しかったと思う。

 そして塚地武雅も。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。