怪奇なガリレオとイノセンス如月ハニー

 ドラマガリレオ、思えば遠くへ来たもんだ。

 「予知夢」予定数すべて終了。

 原作東野圭吾が望んだのかな(ワケないか)。

 第1話「燃える」の怪奇大作戦なノリに燃えた9月が懐かしいよ。

 あのチリチリボッと燃えた頭の青年、大泉洋の特別出演じゃないかってまだ俺疑ってる。

 挽きたてー、なんて雪の中フード被って囁くように歌うのも、頭焦げたからじゃないのかな。

 現場を検証する福山雅治と柴咲コウ、第1話でレーザー光線の反射鏡取付け跡に気付く場面。

 抜ける青空の下、公園や住宅街に降る光りが眩しかった。

 そして第2話「離脱る」での赤い車と食品工場の鉄の大扉。

 空の色に雲の白が広がったよ。

 そしてそれから第3話以降、夜の紺色の中で専ら事件が発生して暗い。

 それが俺のイメージなんだな。


 第8話「霊視る」。
 それこそ暗い夜、マンションの一室で犯人が殺人に及ぶというシチュエーション。

 せめてその原因となる第一の犯行が早朝であって欲しい(原作ではやはり夜だった気がする)。

 人工的な光りや夜景の映像が、どうも暗くなるだけなんだな。

 前回「CASSHERN キャシャーン」(紀里谷和明監督2004年)の映像に言及したけどさ。

 2004年といえば「イノセンス」(押井守監督2004年)が公開されたんだよね。

 国内ではすぐ話題にもならなくなったけど(「キャシャーン」の酷評以下の扱われ方だ)。

 この「イノセンス」途轍もなく質が高くて意味の深い作品なんだよ。

 観て疲れるけど、後でまた観たくなる。

 難解で客足が遠のくこと畏れてアメリカ資本、せめてタイトルに前作「Ghost in the Shell」と入れた。

 別に「解釈を拒む」からどうのじゃないけれど、あのアニメ映像の情報量には圧倒される。

 そんなスゴさの一端でも、テレビドラマで感じられたらなあ(そんなことムリか)。


 2004年、実写版「キューティーハニー」(庵野秀明監督2004年)も公開さてたんだよねえ。

 「キャシャーン」より「キューティー」の方がキッチュで可笑し面白かったってヤツ多かったな。

 俺も正直、そう思ったよ。

 紀里谷監督の努力と宇多田ヒカルの才能には、敬意を払うけどね。

 佐藤江梨子が、お色気より御茶目。

 「菊次郎とさき」(第3シリーズ:テレビ朝日2007年)でも佐藤江梨子の涙いい味でした。

 ちなみに、この第3シリーズ「監修」として「点と線」の石橋冠の名が冠されているんだよね。

 ドラマ「ガリレオ」を楽しめるのも、あと数回のみ。

 料理教室共同経営者殺人事件に姿を変えた「霊視る」で、新しい映像美も期待してますよ。

 少しの変化でいいからさ。

 科学トリックがない分、よろしくねって気分さ。

 柴咲コウの意気も高く、いよいよ福山雅治湯川准教授の胸襟に分け入る、なんてのも期待ね。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。