ガリレオ最終回福山探偵と柴咲刑事の旬

 第9話「爆ぜる」前編と後編で最終回か。

 「喰いタン2」(日本テレビ2007年)もそうだった。

 前も書いたが、これ題名からして全くマークしてなかったんだよね。

 知合いが「喰いタン(1)」(日本テレビ2006年)のファンでさ。

 そんなことも忘れてたんだけど、たまたま土曜日の夜21時。

 観てみたらハマッちゃったんだな、これが「喰いタン2」。

 新聞評で「悪く」書かれていた京野ことみの怒鳴り声も俺には快感。

 V6森田剛のダメ男ぶりも極めて自然に映る。

 何たって「新・俺たちの旅」(日本テレビ1999年)のカースケ役だよ。
 あれからも、成長している。

 それにしても、SP岡田准一といいV6活躍著しいよな。

 俺としては森田剛の味が好きだね。

 一番は、市川実日子のキョウコちゃんだけど。

 それで最近、平日の午後「喰いタン」再放送してたみたいだけど。

 観たかったな。
 「喰いタン(1)」観ていないんだよ。
 「食いタン2」からでさ。

 この時期の再放送だから、つい「喰いタン3」を期待しちゃうんだけど、どうだろう。


 それにしてもドラマガリレオ。
 前編と後編の最終回、かあ。

 「爆ぜる」と「転写る」の合わせワザ。

 「転写る」のデスマスクが、話の幕開けにくるのだろうなあ。
 複数事件の同時展開にしたかったのかな。

 「踊る大捜査線The Movie」(本広克行監督)1998年みたいにさ。

 だと、面白そうなんだけど。

 ポイントは、原子力工学科元教授の久米宏と秘書の本上まなみ、だよな。

 久米はともかく。

 本上まなみ。

 ドラマ「陰陽師」(NHK2001年)の蜜虫が印象的だった。

 NHKらしさがいい意味で、出ていたドラマ。

 稲垣吾郎の安部清明が涼しい風情を体現して、本上まなみの静謐な存在と哀しいまでに調和する。

 本上の素人くさいセリフ回しが、逆に新鮮にすら響く。

 音楽もいい。

 映画「陰陽師」(滝田洋二郎監督2001年)の野村萬斎もスズしくて良かったけど。

 祐姫の夏川結衣の美しさと、瓜の女宝生舞の若い妖しさ。
 特に宝生舞、淫靡な魅力を感じてしまったよ。


 いやあ、あの「陰陽師」の女優たち。

 柴咲コウと真逆。

 だって柴咲コウ、妖しさを封印して直球勝負。

 彼女は天才だから、どんな球も投げる。

 そして福山雅治。

 新たな貌を見せるんじゃないかな。

 最終回で二人の展開も新たに進む、と俺は期待する(当然でしょ)。

 「陰陽師」も「ガリレオ」も。

 物語展開としては、ドラマ向きだと思うのよ。

 その意味で、柴咲コウの内海薫をフィーチャーしたのはドラマ制作サイドの慧眼だったね。

 そして、本家の草薙刑事。
 北村一輝が颯爽と第9話「爆ぜる」に登場。

 期待の多い、最終回では、あるのだよ。
 
  



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。