ガリレオ福山アルゼンチン母娘を見破る

 手塚理美、俺嫌いじゃないんだよ。

 朝の連続テレビ小説ハイカラさん(NHK1982年)。
 その主役を張りながら、2冊目のヌード写真集を篠山紀信に撮らせた女だからね。

 性根が座っているんだ。

 2児をもうけながら真田広之と別れたのも潔い。

 アルゼンチンババア(長尾直樹監督2007年)でも手塚理美、亡母役として堀北真希と共演してる。

 なんか、奇遇だよなあ(なわけないけど)。


 終わってみるとさ。

 第6話「夢想る」の脚本、手塚理美の母親と不倫相手との因縁には全く意味づけなされてなかったな。

 そこがドラマの深めどころだと期待してみた俺だけど。

 代りに、福山雅治の湯川先生と柴咲コウの内海刑事、何故か平底船に閉じ込められたり。

 オブラートに油性ペンで書いた文字だけが水中で残り、なんて小さな謎解きは良かったけどな。


 被疑者の芝居も見てくれも狙いが分からない。

 最後の場面、学食で別れる時の柴咲の表情と福山の「おつかれさん」と言うセリフ回し。

 これは白眉だったよ。

 でも、それだけ。

 湯川学と内海薫の恋愛ドラマも犯人周辺の人間模様も中途半端だからか。

 全10話完結だっけ。

 この第6話が出来もウケも底をつけた気がする。

 次回第7話の幽霊話も、味付けが難しいよ。

 期待するしかないのだけどさ。

 でも、手塚理美の老けた貌のリアリティー、もっと生かせなかったのか、それが極めて残念。

 不満はそれだけでもないのだけど、まいっか。

 次の役者たちも、期待出来る。

 生かせる場面と設定を、お願いしますよ。
 



ハンクスとクルーズとコウ&福山雅治

 日曜日のWOWOWを観た。

 午後のプログラムだ。

 グリーン・マイルとミッション・インポッシブル3。

 グリーン、は5年前にビデオを借りて観ていたけど細部を忘れていたな。
 無実のコーフィが殺したとされる少女姉妹、その真犯人とか。

 電気椅子に座らされる死刑囚は、頭頂部を剃り濡れたスポンジを載せられるとかね。

 トム・ハンクス始め、上手くて当り前の役者陣。

 何と言っても思い知らされるのは、細部に神が宿るということ。

 ミッションの方は、文字通り息をもつかせぬ展開の速さ。
 グイグイと力ずくで引き込まれる。

 そしてトム・クルーズの役者魂。


 そのどちらのパターンでもないのだなあと、ボンヤリ俺はガリレオのことを考えた。

 緩い、とでも言うのか。

 いい味で、ユルい。

 福山雅治のセリフと表情。
 柴咲コウの尖らせた唇。

 ストーリーの起伏もなだらかだろう。


 おっと、第6話が始まっちまったぜ。

 緩いテンポのピアノ。

 堀北真希の暗がりの表情が分からないな、あ猟銃持って手塚理美が登場しちゃった。

 いやあ、目を離したら品川祐と柴咲コウのやりとりだ。

 この「夢想る」という物語、女性の哀しい過去が塗り籠められた話なんだよなあ。

 手塚理美、老けたなあ横顔。

 悲哀を演じきれるだろうか。

 案ずるより、まず観てやるか。

 雰囲気づくりも、大切なハズなんだけどなあ。

 うーん、天才物理学者の福山雅治がノミで人物彫る必然を、感じないのだけれどなあ。

 意気込みは、分かる気がするが。
 それにしても、柴咲コウの「勝った」って言う演出と演技、俺の目にピカリと光った。

手塚理美対ガリレオ福山雅治勝負の行方

 ガリレオの月曜9時を明日に控えて、なんて大げさだけどさ。

 今にして、第4話「壊死る」の被害者女子大生役、蒼井そらが浮かぶのだなあ。

 彼女の、殺され水に浮かぶところと検死される場面。

 物言わない死体が存在感あったよなあ、なんて思うの俺一人かな。

 フラガール(李相日監督2006年)の蒼井優も好きなんだけどさ。

 蒼井そら。
 俺としては、雄弁な死体演技(ナンじゃそりゃ)から永島暎子に通ずる素質まで感じてしまった。

 いや、実際さあ「竜二」(川島透監督・金子正次脚本主演1983年)の永島暎子はブッ飛んだな。

 蒼井そらにも、ブッ飛ばされたいよ。


 で、第5話も終わった。
 第5話、犯人(真犯人)は原作どおりなのだけれど、幇助する人間が原作とは異なる。

 第4話は、人物設定を全て刷新して犯行トリック(というか仕掛け)だけ残したのだよね。

 さて、それで第6話「夢想る」はどうなるのだろう。

 この話、原作では「探偵ガリレオ」でなくて「予知夢」の第1章。

 第2話「離脱る」と同じく、人物設定は殆どイジれないだろうと思ってしまう。

 いや、設定変更を期待するわけじゃないけどさ。

 膨らます必要は感じるけど。
 設定を変えてやるのはどうかな、と。

 犯人を変えてみるのが面白いとは、思っちゃうんだけどな正直。


 手塚理美の母親役の出来にかかっている気がする。

 トリック自体が、不思議のオーラは感じるけど、ネタが分かればナーンダってものだよ。

 堀北真希が未知数なのだけれど。

 花ざかりの君たちへ(フジテレビ2007年)は良かったけどさ。
 鉄板少女アカネ!!(TBS2006年)、俺観なかったし。

 視聴率取れなかった鉄板アカネの方が、個人的には興味あったんだけどなあ。

 うーん。
 それでも、手塚理美が気になる。


 第5話「絞殺る」の水野美紀の例もあるし。

 でも、第6話「夢想る」の手塚母さんには、別の演技というか展開を期待したいのだけど。

 福山雅治の湯川学准教授が手塚理美に関心を示す、とかさ。

 柴咲コウの内海薫が、手塚理美と真矢みきの検視官を混同するとか(そんな似てないか)。

 頭の軽そうでない演技と余韻を期待しますよ。

 湯川研究室の誰かが、渡辺いっけいに匹敵する燻し銀の1コマを披露してくれてもイイのだけど。

 ここらでひとつ、パンチの効いた演出が欲しい。

 人気も認知度も低い誰かが光ってくれると、今後にツナがるのだけど。

 第2話の北陽虻川美穂子が懐かしい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。