ガリレオ福山の薀蓄と柴咲料理の味付け

 第8話「霊視る」が終わったよ。

 「実に不思議だ」そして「実に興味深い」。

 まず、一つ。

 トリックというほどじゃないけど、「科学ネタ」がありましたな。

 女性用ヘアースプレーの使用がオーディオ機器に雑音を生じさせる「ガリ」と呼ばれる現象。

 うーん。
 でも、このせっかくの「小ネタ」。
 もう少し、哀れな「共犯者」の心中を色づけることが出来れていればなあ。

 しかしアレですよ。

 前回も指摘したけれど、この第8話「霊視る」。

 ある意味、香取慎吾登場の第4話「壊死る」より物語の設定を変えてきた。

 土台からかなりの変更ですよ。

 だって東野圭吾の原作「探偵ガリレオ」ではさ、計画的殺人なのだから。

 それがドラマガリレオでは、諍いによる衝動殺人だ。

 被害者の引田博子は、やっぱりカットが少なかったけれど。

 たくませいこの全体像を知る(?)ことが出来たようにも思う。

 「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」(1977年)のリンゼイ・ワグナーを思い出してたよ。

 これ何回か再放送もされてさ。

 俺も観ることが出来たのだと思う。

 たくませいこ、もしかしてリンゼイ・ワグナーのスタイル、影響受けていたりしてね。


 ところでガリレオ福山雅治先生。

 毎回多彩な趣味を披瀝するけど、やはり今回は料理そして音楽鑑賞ですか。

 湯川研究室での実験プレゼンテーションがないかわり、冒頭から本格中華の腕を披露する。

 それに、待ってましたと渡辺いっけいが絡み、お転婆柴咲コウが跳ね回り座が華やぐという仕掛け。

 うまいね、みんな。

 今回の湯川研究室ゼミ生の面々、一番活きていたのではないかな(毎回違うメンバー?)

 実験がないかわり、湯川学准教授福山雅治のウンチクが冴え渡るのが今さら新しくもなく可笑しい。

 テレポテーションの報告例を具体的に16世紀まで遡って紹介するあたりがさ。

 NHKドラマ「タイムトラベラー」(1972年)の冒頭を思い出させる。

 アーカイブスでは分からないけどさ、アレ毎話のイントロで「不可思議な現象」が紹介されるのよ。

 当時殆ど無名だった(ハズ)筒井康隆の原作とは関係なくね。

 ウンチクがタイムトラベラーとドラマガリレオを連綿と繋ぐわけだな。


 それにしても、何というのだろう。

 原作のドラマ豊かな「犯行動機」を消して、単純な「衝動殺人」とするとは。

 料理を絡ませるところは、キレイだったけどね。

 「飼い犬」扱いなら飛田敦史、猟奇も狂気も感じさせない役どころは不運だったのかもしれない。

 「動機」に複雑さを持たせても、たくませいこ、演じ切ったと思うけどな。

 俺はそこが、惜しい。

 でもその分、製作者サイドは「湯川研究室」なり「真矢みき検視官」なり「柴咲コウ刑事」なりを。

 ふくらませる道をとったのだな。

 それはそれで、よかったろうけど。

 俺も、最後まで観たし。

 テレビ朝日の北京オリンピック野球最終予選、日本対台湾戦にさ、CMの度回してたけど。

 次回、いよいよ「転写る」らしいからさ。

 期待度も、高まるよ。

 それにしても今日の「霊視る」。

 何度も言うけど、不思議なドラマ「体験」でした。
 



ガリレオ福山スカイハイ開運野豚に会う

 ガリレオ第8話「霊視る」、俺の楽しみはね。

 スカイハイ釈由美子に出会えることかというと、そうでもない。

 彼女の芝居、面白いと思うけどさ。

 料理教室共同経営者役のたくませいこ。

と言えば「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ2005年)の数学教師だよ。

 アダルト系ともいえる黒メガネの女教師か。

 俺は彼女をアンニュイな知的独特美人と呼ぶ。

 興味ありますよ。

 「野ブタ。をプロデュース」白岩玄の原作、主人公が「信子」でなくて「信太」つまり男子。

 原作小説、漫画みたいで読み易い。

 結末が暗いと言われるけど、俺は賛成派。

 島崎藤村「破戒」と同じで、別天地へ向かうというヤツ。

 「逃げ」だと思わないし「暗い」とも全然思わないのだけどなあ。


 というワケで、主人公がいくら堀北真希でも、あまり腰を据えては観ていなかったよ。

 でも、たくませいこの数学教師何故か服装まで浮かぶ(気がする)。

 別のドラマかキャスターと混同してるのかも、知れないけど。

 でも、たくませいこ。
 きっと冒頭の場面だけの登場なのだろうな。
 出しゃばって、欲しいけど。

 もっと残念(多分)なのが、引田博子なのだよ。

 「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京1994年〜)の初期アシスタント。

 個人的に大好きな面貌。

 俺にとっては謎が多い人。

 画面の隅で何もセリフがなかったイメージ。

 すぐ死なないで欲しいよ、プロデューサー。

 この人、70年生まれだそうだから、結構大人なんだよなあ。

 メジャーな女優より、余程興味をそそるのだけどな。

 釈由美子とのトライアングル、期待したいけどムリか。

 ガリレオブルーな空の下で三人が、なあんてね。


 とにかくこの話、殺人の舞台が「料理教室」だったかも忘れてるくらい印象が薄いんだ俺。

 テレポテーション、てところを引き伸ばして謎有りげ、ミスティックな展開にして欲しいな。

 脚本福田靖様(もう遅いか)。

 殺された引田博子の妹、釈由美子が姉を回想するシーンを是非。

 濃密な姉妹関係の執拗な葛藤、なんてことではないもんな。

 柴咲コウとの対比も、面白いのだけど。

 ガリレオ教授福山雅治と引田博子との回想シーン、これだけは全くムリだろうけど。

 でも、想像しちゃうんだよなあ。

釈よ、ガリレオ福山雅治へお行きなさい

 ドラマガリレオ第7話「予知る」か。

 やっぱり、ドランク塚地だよな、いやカップルとしての塚地&深田恭子組がシブかった。

 塚地の涙が深キョンを欺いた時、俺は一人デジャブに浸っちまったぜよ。

 深田さん本人は、多分イイ人なんだけどさ。

 ビミョーな悪女役が、意外にもハマルのかもな。

 さて、第8話「霊視る」。

 原作での印象、これも弱いんだよね俺としてはさ。

 「予知る」とタメ。

 幽霊かテレポテーションかって話、だよね。

 そして深田恭子の次、釈由美子の登場ってワケだね。


 「スカイハイ」(2003年テレビ朝日金曜ナイトドラマ23:00〜)以来だよ。

 怨みの門での釈由美子の決めセリフが甦るなあ。

 なぜかリサイクルショップの軽トラックを小倉久寛が運転してるシーンがあって。

 子役とのやり取りが良かった。

 強姦シーンを薄めてくれるみたいな、さ。

 「英語でしゃべらナイト」(NHK)の釈なら、松本アナウンサーの方が良かったけど。

 NHKといえば、火曜日22:00〜の「プロフェッショナル」だけど。

 今日、居眠りしちゃった。


 冴えない日だな。

 塚地の涙目。

 ドラマを観ない日でしたよ。

 東野圭吾の原作を読み返そうかな。

 福山雅治と柴咲コウのガリレオイメージ、完全に定着したのだけどさ、俺の中ではね。

 あ、塚地選手のこと思い出してたら、映画「ゆれる」(西川美和監督2006年)観たくなった。

 本は読んだけど、結局まだ観ていないんだ。

 香川照之が演じた「兄」役を塚地武雅がやったらどうだろうか、なんてね。

 ああ、長い夜だよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。